ネジの製造販売【タカヤマ】

日本語
中国語
韓国語
各種お問合せ・カタログのご請求


HOME > 技術情報 > タッピングねじの種類と概要

ネジの技術情報


タッピングねじの種類と概要

※資料はJISB1122の付属書に基づいています。

1種タッピンねじ(Aタッピンねじ) 4種タッピンねじ(ABタッピンねじ)

〔特徴 〕
タッピンではピッチが最も荒い。 先端部まで尖り、先端までネジ山が立っている。
〔相手材〕
主に薄鋼板、ハードボード、木材、石綿、一般に薄鋼板は1.2㎜以下に適している。

〔特徴 〕
1種タッピンのように先端が尖っていて、ピッチは2種タッピンと同じピッチ。市場にあまり出回っていない。
〔相手材〕
主に薄鋼板及び厚板(5㎜以下)、非金属、樹脂、硬質ゴムに適している。
2種タッピンネジ(B0タッピンねじ) 2種タッピンみぞ付(B1タッピンねじ)

〔特徴 〕
先端2~2.5山がテーパーになっており、ピッチは1種タッピンより小さい。
〔相手材〕
主に薄鋼板及び厚板(5㎜以下)、非金属、樹脂、硬質ゴムに適している。

〔特徴 〕
先端2~2.5山がテーパーになっており、2種タッピンの先端を1/4カットしてあり、カット部は刃の役割をして相手材を、削っていく。
〔相手材〕
主に薄鋼板及び厚板(5㎜以下)、 樹脂、硬質ゴムに適している。
3種タッピンねじ(C0タッピンねじ) 3種タッピンみぞ付(C1タッピンねじ)

〔特徴 〕
先端2.5~3山がテーパーになっており、小ネジとおなじピッチ。
〔相手材〕
主に構造用鋼、鋳物、非鉄鋳物に 適している。2種タッピンより厚板に対応できる。

〔特徴 〕
先端2.5~3山がテーパーになっており、3種タッピンの先端を1/4カットし てあり、カット部は刃の役割をして相手材を 削っていく。
〔相手材〕
主に構造用鋼、鋳物、非鉄鋳物に適している。